So-net無料ブログ作成
EATING-OUT ブログトップ
前の5件 | -

[浅草] 『A盛り』 ~本とさや~ [EATING-OUT]

浅草や、焼肉の特集ではよく登場する「本とさや」に
行ってみました。

DSC04389.JPG

DSC04328.JPG

予約をしておいたのでスムーズに入店できました。
帰り際は待ちの人が大勢いたので予約は必須ですね。

DSC04356.JPG

DSC04359.JPG

DSC04338.JPG

DSC04341.JPG

DSC04367.JPG

これは「A盛り」(11500円)です。

内容は、
・特上骨付き
・特上カルビ
・上タン
・上ロース
・上ミノ
となっていて、霜降りじゃない肉が見当たらないです。

DSC04349.JPG

DSC04352.JPG

これは「ユッケ」(1450円)です。

焼肉で大好物ユッケは欠かせないので。
今回も一人で抱えて食べていた気がする・・。

DSC04334.JPG

DSC04336.JPG

これは「塩ダレ盛合わせ」(1200円)です。

クッパやスープなどは注文せずに、ひたすら霜降り!という
感じで焼肉を楽しんでいました。

もちろんお肉は柔らかくて、美味しかったです。
メインで出てくるようなお肉の塊がどんどん出てくるので、
これでこの値段であれば安いかな、と思います。

焼肉を手軽に食べる、というよりは、
美味い肉を豪快に食べたい!というお店ですね。

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

[京都・高倉] 『晩の点心』 ~炭火と天ぷら・割烹なかじん~ [EATING-OUT]

今回の京都メインは、
ここで食事をしてみたいと思った「割烹なかじん」さん。

DSC03682.JPG

ガイドブックなどではあまり見ないのですが、
かなり評判も良いみたいで、かなりワクワクしていました。

まずは「晩の点心」(4800円)のコースをいただくことに。

DSC03684.JPG

DSC03685.JPG

最初は「先付」です。
おこげ、が出てきました。

DSC03687.JPG

DSC03690.JPG

続いて「前菜」です。
これは楽しみだったひとつで「明太子の湯葉巻き」です。

DSC03691.JPG

DSC03694.JPG

もう一品。
「サンマのキャビア乗せ」です。
キャビアを乗せますか?と聞かれたので、即答で乗せてもらいました。
ベルーガ産のキャビアです。
サンマも身が厚くて、これは美味しい。オススメです。

DSC03698.JPG

DSC03697.JPG

続いて「お凌ぎ」です。
ホタテとイクラです。

DSC03700.JPG

DSC03702.JPG

続いて「麺物」です。
「麦切り」が出てきたのですが、これも楽しみのひとつ。

小麦粉、全粒粉、セモリナ粉をブレンドをしたという麦切りを、
まずは塩で、続いて汁につけていただきます。
昔はお蕎麦屋さんだったご主人が、ご夫婦で蕎麦アレルギーになられて
できたという逸品ですが、これは美味しいです。

もちろん、これも目の前で小さなパスタマシンのようなもので
作りたてを出してくれます。

DSC03703.JPG

DSC03705.JPG

続いて、コースにないのですが追加で一品お願いしました。
「炙り鱧と松茸」(2500円)です。

聞いただけで美味しそうですが、すご~く美味しかったです。
ふっくらとした鱧と、松茸の食感と・・・。

DSC03707.JPG

DSC03708.JPG

DSC03710.JPG

DSC03712.JPG

DSC03713.JPG

DSC03714.JPG

DSC03716.JPG

DSC03717.JPG

続いて「主菜」です。
お肉を3部位焼いたものと、車海老の揚げ物です

お肉は、肉汁が滴るようなジューシーなお肉で、
車海老は中心が生の状態で揚げていただきました。

DSC03715.JPG

車海老につける塩は「うに塩」です。
時間をかけて作られているそうで、この塩が美味しい。
また、
この陶器がナスの形になっていてとってもかわいい。
話を聞くと、この陶器とかもご主人が自分で作られたそうで驚きです。

DSC03718.JPG

DSC03720.JPG

DSC03722.JPG

最後に「ご飯、香の物、お味噌汁」と、「デザート」です。
デザートは、プラス料金でアンミツに変更したり、
追加でコーヒーを頼む方もいらっしゃいました。

デザートも全てオリジナルで凝ったものを出しているそうですし、
コーヒーも目の前で温度や豆、全てのこだわり尽くしのコーヒーだそうです。

お酒も飲みながら、8~9000円/1人程度でした。

食事の後も、東京・京都の食事のことや、
料理へのこだわりとかをずっとお話してくれました。

席数も8席程度と少ないのですが、
一品ごと全てこだわり、食器や雰囲気、私たちへの見せ方なども
こだわり尽くしのご主人とお店でした。

京都では毎回通える素敵なお店を見つけることができて大満足でした。

nice!(74)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

[京都・清水] 『昔豆腐』 ~総本家ゆどうふ・奥丹~ [EATING-OUT]

かなり有名なお店のようですが、清水寺の近くにある
「奥丹」で湯豆腐をいただきました。

DSC03529.JPG

DSC03567.JPG

本日は「昔豆腐」(4000円)をいただきました。

DSC03544.JPG

DSC03547.JPG

DSC03545.JPG

これは「胡麻豆腐」と「とろろ汁」です。
とろろ汁は、その場で食べても、最後にご飯と一緒に食べてもOKです。

DSC03548.JPG

DSC03550.JPG

続いて「木の芽田楽」です。
これは美味しかったです。

DSC03557.JPG

DSC03560.JPG

続いて「精進揚げ」です。

DSC03554.JPG

DSC03556.JPG

続いて、はメインの湯豆腐です。
滋賀県の無農薬・高品質の大豆と、比良山麓の湧き水で製造したという
少し固めの豆腐です。
お箸で持っても、崩れることなく持ち上げられる固さでした。
豆乳のような大豆の味わいの濃さというより、風味やコクがあるという感じです。

最後にご飯が出ます。

DSC03538.JPG

DSC03542.JPG

この他にも、普通の豆腐コースもあります。
庭園を眺めながらのお食事は、とてもいいですね。
ただ、予約をしないと窓側の席に案内してくれないようですので
(窓際が予約席のようです)前もって予約がオススメです。

nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

[京都・祇園] 『懐石コース「祇園」』 ~ぎをんや満文・青木庵~ [EATING-OUT]

奈良から京都に移動して、祇園へ。
築100年の元お茶屋を料亭に改築したという「ぎおんや満文」へ。

DSC03335.JPG

お部屋は和の個室。
庭が見える個室で懐石をいただきました。

DSC03341.JPG

おまかせのコースはいくつかあるのですが、
懐石コース「祇園」(5000円)をお願いしました。

DSC03345.JPG

DSC03346.JPG

DSC03347.JPG

DSC03348.JPG

DSC03349.JPG

まずは4品。もずく、イクラ、アワビです。

DSC03351.JPG

DSC03353.JPG

続いてお造りです。

DSC03356.JPG

DSC03366.JPG

DSC03359.JPG

DSC03361.JPG

続いて、松茸の土瓶蒸しなど3品です。

DSC03368.JPG

DSC03369.JPG

DSC03371.JPG

続いて、鯛・蟹などが湯葉で包まれています。

DSC03379.JPG

DSC03382.JPG

続いて、鯛のお頭です。

DSC03386.JPG

DSC03389.JPG

最後に、ご飯とデザートです。

祇園の町家で懐石をいただいて、この値段。
料理はすべてシンプルなものばかりですが、
素材を大切にされているというとおりに、
料理を楽しむことができました。

nice!(33)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

[奈良] 『大和茶粥』 ~和風レストラン三山~ [EATING-OUT]

久々の更新は、奈良~京都で食べた食事の紹介です。

まずは奈良。
奈良公園で鹿に追いかけられつつ、
奈良の名物、茶粥を食べようと奈良公園にある「三山」へ。

DSC03236.JPG

DSC03239.JPG

店内はレストランという雰囲気でした。

DSC03241.JPG

DSC03256.JPG

DSC03248.JPG

DSC03251.JPG

DSC03253.JPG

これが「大和茶粥」(1395円)です。

ほうじ茶の香り漂う茶粥は、1度おかわりもできます。
奈良の伝統料理らしいのですが、食べ終わったときには
一息ホッとついたような胃の優しさがたまりません。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - EATING-OUT ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。